社員インタビュー

Interview

新卒

技術部門のスペシャリストを目指して。

生産技術部 設備技術課 Iさん

これが私の仕事

生産技術の仕事も多岐にわたり、生産設備の故障などの技術的なトラブル対応のほか、現場の生産効率を上げられるような改善提案も主な業務としています。

生産設備のトラブル対応ではスピーディな復旧が求められます。

実際に現場へ駆けつけ実物を確認したり、作業者の方に状況を聞きながら原因を特定し、その場で自分たちで修理または業者に依頼を行い、生産できない時間を少しでも減らそうとしています。

改善提案では実際に使用する作業者とのコミュニケーションが大切です。設計図面や構想上では問題なくても、使い勝手が悪いなどを理由に使ってもらえなければせっかく改善をしても無駄になってしまいますので、設計・考案する私たちと実際に使用する作業者の方々との意識のズレがないように気を付けています。

イメージ
イメージ

だからこの仕事が好き!

自分の考案したもので作業効率がアップ

改善業務での一例になりますが、とある製品の加工方法には作業者が手作業で行っていた部分があり、手作業のため作業者ごとに品質のバラつきがあり、数もこなさなければならなくなると作業者が体を痛めてしまうほど負担が大きいものでした。
そこで手作業の一部を市販の電動作業工具に置き換えることで作業者の負担を減らすとともに加工時間も約半分にすることができ、また加工を補助するための治具も新たに使用してもらうことで手作業による品質のバラつきを抑えることができました。

負担を減らす方法を考案するだけでなく、従来の作業の時間や方法などから勉強しなければならず、実際の製品に使用されるまでに時間がかかってしまいましたが、ふと現場に足を運んだ時、自分の考案したものが実際に使用されているのを見るととても嬉しかったです。

私がこの会社を選んだ理由

会社と共に自分も成長していけると感じた

もともとものづくりの分野に興味があり、山形県内での就職を希望していたので、県内企業で探している中「山形から世界へ」のキャッチフレーズに目を引かれました。
そして実際に説明会に行き「会社は創業してから若く、まだまだ成長途中である」という話を聞いて、会社の成長に貢献しながら、自分も会社と共に成長していきたいと感じたため入社を決めました。

実際に入社した後も新工場が建設されるなど、今現在も会社の成長を実感しながら仕事をしています。

先輩からの就職活動アドバイス

これまで学んできたことが活かせる就職先を探すのもよいですが、それだけにこだわらず広い視野で就職先を検討してもらいたいです。

就職活動では企業のことを詳しく知ることができるまたとないチャンスですので、是非、様々な企業の説明会などに参加してみてください。
その中で少しでも興味を持てるところがあれば可能性は無限大だと思います。

自分の可能性を狭めず、悔いのない就職活動にしてください。