イメージ

社員インタビュー

品質保証部 検査課
Wさん
2014年入社

これが私の仕事

検査工程、寸法測定や外観検査をしています。

主に製品の寸法測定と、出来上がった製品をキズ、かけ、クラックなどがないか外観検査をしています。

確かな品質なのかを保証する仕事なので、お客様に安心してガラスパーツを使っていただけるように心がけています。

仕事において重要だと感じているのは「優先順位付け」です。納期が近いものは優先順位高く対応していきます。また、新開発品も図面を見てどれくらい対応に時間がかかるか、工数の見通しを立てて優先順位を決めます。

だからこの仕事が好き!

測定オートプログラムの作製です。

約2年前、1年の期間を通じてオートプログラムの作製を行いました。マニュアル測定では作業効率が悪く、時間がかかっていたのですが、オートプログラムを導入することにより、人の作業時間と機械の稼働時間を大きく短縮することができました。

作製過程では何度もミスがありましたが、上司に自分からも聞きに行き、教えてもらいながら完成できた時は嬉しかったです。

いろんなことにチャレンジさせてもらえるのが当社の良さだと実感したエピソードでもあります。

私がこの会社を選んだ理由

大学では無機化学を専攻していました。専攻を活かしたかったので、半導体関連企業を探していました。その中でも当社は珍しい石英ガラス加工をしており、他にはない技術力があると会社説明会で知り、興味が深まりました。

また会社の設立も若く、会社とともに自分も成長していきたいと思っていました。当社は今、工場の増設や新社屋ができ、まさかここまで入社当初のイメージ通りになるとは、と驚いています。

仕事のスタイル

目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事

特に向いている性格

段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス

就職活動は自分を見つめ直すいい機会です。いろんな会社を見て、自分の将来を考える判断材料にするといいと思います。

短い就職活動期間で自分の将来をすべて考えるのは難しいかもしれませんが、いいチャンスだと思って様々なことにトライしてほしいと思います。

生産技術部 生産技術課
Sさん
2017年入社

これが私の仕事

新しい加工方法を考えたり、設備が止まった時の修理の対応や取引先との打ち合わせ、また作業の上で必要だったり効率を上げるための道具(冶具)を作ったりします。最近は、製品を洗浄する際に必要なラックを作りました。

大学では製図まではするのですが、実際に作るということまではしていませんでしたので、製図して見積もりをして、自分が設計したものが形になると面白いと感じます。

だからこの仕事が好き!

一番は、今行っている新しい加工方法の検討だと思います。お客様からのご要望を受け、社内で条件出しなどを行いながら検討を進めている段階ですが、キャリアも知識も違う先輩方に囲まれて、新しいことにチャレンジできていることにやりがいを感じています。

また他企業に勤める同年代では、あまり新しいことにチャレンジさせてもらえる環境にある人は少ないようなので、成長できる環境にいられることがとてもありがたいと感じています。

私がこの会社を選んだ理由

単純に、これから伸びていく企業だと感じたことが大きいです。もともとモノづくりの企業に興味があり、大学時代の知識を活かせるところを探していました。

大学時代は福祉機械など実用的なモノづくりを学んでいましたが、当社では自分のそういった経験を活かしながら、最先端の技術に関わり成長していけると感じました。

自分の所属する部署でも人員が増え続けており、仕事の盛り上がりを肌で感じています。

仕事のスタイル

臨機応変な対応力が必要とされる仕事

特に向いている性格

段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス

研究・学業等忙しいことはあると思いますが、就職はこれからの長い人生に関わってきます。自分はどういうことがやりたいのか、どういう仕事がしたいのか、時間をとってじっくり考えてもらいたいです。

営業部 東北営業所
Yさん
2019年入社

これが私の仕事

まだ入社して間もないため、専門知識が必要な仕事はできていませんが、先輩とともにお客様先に行ったり、見積もりを作成したりしています。

単に見積もりを作ると言っても、単純に価格が決まっているわけではなく、製造部の方に製造の可否・コストなどを相談し、加工での提案があればまたお客様にお伝えをします。

営業は製造とお客様の橋渡しのような役割だと感じています。

だからこの仕事が好き!

知識面では、やはり難しい部分はたくさんあります。でも技術部門の方々も私がわからない前提でお話ししてくれますし、日々学びながら壁を乗り越えています。

今までの仕事で一番達成感を感じたのは、お客様から無理と思われる短納期の依頼を受けた際です。私は無理では?と思っていましたが、先輩はお客様先から会社に戻ってすぐ製造部へ向かい、納期に間に合うために、手順を確認するなど臨機応変にスピーディーに対応しており、自分も納期に間に合うよう手伝いました。結果、お客様のお仕事がスムーズにいき、とても感謝されました。

私がこの会社を選んだ理由

私は人と接することが好きだったため、人と直接コミュニケーションをとることで価値を生み出す仕事がしたいと思っており、営業という職種に興味がありました。加えて、当社は半導体業界という今の世の中で欠かせないものに関わることが出来、この分野のスペシャリストになることが出来ると感じたこともこの会社を選んだ理由でした。

今自分が売ったものが生活にあふれているものを作るうえで欠かせないと考えると、とても嬉しく感じます。

仕事のスタイル

臨機応変な対応力が必要とされる仕事

特に向いている性格

誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス

働き方や場所ももちろん大事だと思いますが、自分の「興味」を大事にしてください!

資材部 貿易課
Rさん
2019年入社

これが私の仕事

貿易課というところにいるため、母国である中国とのやりとりが主です。出荷関係の連絡や輸出入に関わる書類のやりとりが多いです。

また、一般資材・製造資材の発注や納期回答など日本国内ともコミュニケーションをとる場面もあります。電話・メールを使い、関係各所との調整などを行っています。

資材部としての役割の中で、自分の中国語というスキルを活かして働いています。

だからこの仕事が好き!

外国語である日本語を使って仕事をしているので、自分の成長率の高さを感じます。はじめは、ビジネスマナーや敬語など、学生では学ばないことも多く、特に取引先とのコミュニケーションは難しいと感じていましたが、周囲の皆さんの、何があっても助けてくれるという安心感の中で働けているので、少しずつ吸収して学んでいます。

また、最初は何をしたらいいかわからず、指示を受けたことだけをしていましたが、少しずつ周りの様子を見て自分で判断して動けるようになっていることにも自身の成長を感じています。

私がこの会社を選んだ理由

私の両親も中国のメーカーに勤めており、学生時代から工場など見学していました。

父が勤めている工場にはよく日本人の来客もあり、父は日本人の丁寧で細かい仕事に感動しておりましたので、私も日本で働けたらいいなと思っていました。

留学がきっかけではありましたが、インターンなどで様々な企業を回る中で、当社を知りました。みんなが優しく、新しい会社で活気もあったためとても気に入り、入社することを決めました。

仕事のスタイル

機敏なフットワークと行動力が必要な仕事

特に向いている性格

大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス

自分の長所と短所を十分に理解し、自分自身が将来本当にやりたいことと従事したい仕事を自覚した上で、目標を目指して進めた方がいいと思います。